テレクラに電話してくる女性達の年齢と目的!

テレクラに電話してくる女性の年齢の幅とその目的を考察

今でも店舗型のテレクラには日々数千人のコールが毎日鳴り響く。都内のリンリンハウスなんかはコール数も凄まじい数だろう。地方のローカルテレクラになるとその数は桁違いに減少するが、まだまだ根強いテレクラ世代のファンに親しまれている。

 

増加数は年々減ってはいるがテレクラに新規で電話してくる女性は必ず毎年一定数の人数がいる。つまり、若い世代の子も少なからず参加してきていると言う事だ。

 

ここでは年齢別に見たテレクラの利用目的を考えてみようと思う。

 

まず始めに一番多いと推測されるテレクラに馴染みのある年代。一番多いのが30代後半から40代のテレクラ世代の女性だろう。バブル期のテレクラの華やかさを忘れられずに今でも熱い夜を求める女性も少なくない。そして彼女達の性欲はピークこそは超えたが、若い20代に比べればテクニックや性欲は完璧に上である。

 

そんなテレクラ世代の女性の目的は大きく分けて2つだろう。1つ目は純粋にセックスを楽しみたい独身女性。多くの女性は結婚を諦め、自由奔放にセックスを楽しみたいという考えの女性も多い。中には旦那とのセックスレスに耐え切れず浮気や不倫に走る女性もいる。

 

2つ目は、テレクラバブル期から売春に手を染めたセミプロ女である。これらのコールは真のテレクラの楽しみ方としては御法度である。しかし見ず知らずの男女が集まる場所に売春行為が行われるのは昔の時代から変わっていない。こう言った女性達がいるのも社会の縮図と言えるだろう。

 

テレクラ世代の女性達の目的は大体こんな感じだろう。

 

続いて新しくテレクラを知って電話してくる女性達について。

 

テレクラは18歳以上でないと利用できないので高校生でない18歳から一応は利用できる事になる。流石に18歳のコールは最近極めて珍しいだろう。あったとしても興味本位でイタズラ電話感覚で掛けてくる程度と思われる。

 

本格的に興味をもって電話してくるとしたら20〜24以上になってからであろう。大人の社会を少し知った女性達が主な層だと思う。

 

利用目的は実に多岐に渡る。

 

単なる暇つぶしで話し相手が欲しかった。テレフォンセックスにハマってテレクラの男性とプレイしたくて電話した。上京したてで知り合いがいないので、どうにか知り合いを作るために電話した。セックスを覚えたてで誰でも良いから相手が欲しかった。出合いカフェ感覚で割り切りやサポ希望する女性。

 

ぱっと思いつくだけでもこれだけある。実際はもっとあるだろう。

 

この様に現在のテレクラには大きく分けて30代後半から40代のテレクラ世代の女性。それ以外は新規で現れる若い世代の女性20代から30代がメイン層だと言えるだろう。