似ていても違う?テレクラとツーショットダイヤルについて

テレクラとツーショットダイヤルの違いを徹底検証!

テレクラの仕組みは皆さんご存知だと思います。今回はツーショットダイヤルについて詳しく書きたいと思います。

 

テレクラとツーショットダイヤルはまずどちらが最初に出来たと思いますか?答えはツーショットダイヤルです。ツーショットダイヤルは恐らくアナログの黒電話が出来た直後に生まれています。それは今みたいなきっちりとした番組として成立していた訳ではありません。

 

いち早く電話での出会いやテレフォンセックスなどが商売になる!と気づいた天才的な人が個人的に商売として細々と始めていました。これらの番組は主に口コミで広がって行きました。

 

今ではテレクラよりユーザー数の多いツーショットダイヤルですが、皆さんはテレクラとの違いが分かりますか?

 

両者共に電話を介した異性紹介サービスであることは間違いないです。しかし、細かい点を見るとかなり違いが見られます。

 

テレクラは店舗に必ず男性が出向かなくては成立しない商売です。その点ツーショットダイヤルは電話センターさえ用意していれば、男女共にスマートフォンや携帯電話、固定電話で何時でも何処でも参加出来ます。テレクラですと営業時間外は完全に機能を停止してしまいますよね。

 

次に上げられる相違点は年齢層の違いです。テレクラは正直、高年齢化が進んで止まらないといった印象を受けます。女性達もテレクラ世代の30代後半から40代が主な層ですし、男性もメイン層は同じくらいだと思います。つまり、新規のユーザーがなかなか入り込みずらい状況になっているのだと推測出来ます。

 

今の時代、見ず知らずの新しい出会いを探そうと思ったらインターネットを利用するのが一番手っ取り早いです。あえてテレクラなんてニッチな店を使わなくても完全無料で出会いが探せる状況にあります。

 

そう言った面でツーショットダイヤルはテレクラとネットの中間に位置づけられているのではないでしょうか?インターネットの出会いには決定的なデメリットがあります。それは徐々に匿名での出会いが不可能になっている点です。これはfacebookが作り上げた新しい世界ではないでしょうか。

 

実名での出会いが一般化してきているのです。しかし、この出会いはあくまで恋人探しや結婚相手探しなどの超真面目な出会いについてです。

 

私達が求めているのは気軽な出会いです。ネットで実名での出会いが一般化してきた今、気軽な出会いを求めている男女がツーショットダイヤルに流れてきているのは必然なのです。

 

私の友人にツーショットダイヤルナンパのカリスマと呼ばれているKENJI氏がいます。KNEJI氏曰く、今ツーショットダイヤル業界には出会いバブルが来ていると力説していました。KNEJI氏は自信のHPで毎日ツーショットダイヤルの実践的な使い方や最新出会い事情について更新しています。彼は本当に凄い人ですので是非一度HPに訪れてみてください。

 

出会いバブルと言うのは久々な感覚です。

 

ちょっと前に起こった出会い系バブルの再来とも言われています。

 

初心者の方にとってはツーショットダイヤルは若干敷居が高いコミュニケーション番組である点も分かります。しかし考えてみてください。メールを何十通もやり取りして出会えるか出会えないかの出会い系サイトと、直接女性と電話が繋がってフリートーク出来るツーショットダイヤル。どちらに分があるのかは一目瞭然ではないでしょうか?